Mリーグ最終戦の村上淳プロはアリ?

俺は個人的に許せない・・・

5月18日のMリーグ最終戦ではご覧になりましたか?麻雀にご興味ない方はご勘弁ください。

この対局にて、優勝はおろか3位の目も難しい赤坂ドリブンズの村上プロが、トップを目指す打ち方をして非常識ではないか?と物議をかもしました。

最終戦は、EX風林火山・KADOKAWAサクラナイツ・渋谷アベマズの三つ巴で、最下位ドリブンズがまさかこのような打ち方をするとは思いませんでした。

サクラナイツ内川プロの倍満ツモトップ目への勝負手を潰し、アベマズ多井プロの親番を落とした局が強烈な印象でした。

私は激怒しましたので、風林火山のインタビューまで見て表彰式は見ませんでした。

みなさんはどう思ってご覧になってましたでしょうか?

最終戦問題はむずかしいらしい・・・

にわか麻雀ファンの私は知りませんでしたが、どうもリーグ戦の最終問題は昔からあったらしいです。

目無しが上がりに向かわない、鳴かせない、振り込まないで有利になるのはラス親らしいです。

また、目無しが上がりに向かう・上り放棄どちらにしても誰かに有利になり、誰かに不利になる。

今回はたまたま風林火山に有利になり、展開次第で逆もありえる訳ですからお互い様でしょ?ということらしい。

だからどう打とうが本人の判断で、それを否定することがおかしい。

そういうことなら、私が激怒したことも批判材料ですね、頭を冷やしましょう。

でもほとんどの方は3強のデッドヒートを観たかったと思うんです。

前試合後のインタビューで園田プロが、目無しの最終戦をどう打つか難しいのでチームで話し合いますと言ってました。

これがドリブンズの総意であり、ドリブンズファンのためにドリブンズらしい麻雀を打つと決めたんでしょうね、展開にもよると思うんですけど。

敗者の美学を感じさせない打ち手は好きになれない・・・

村上プロを批判するのは間違いというなら従いましょう。

でも好きか嫌いかは私の自由ですから大キライに分類しましょう。ドリブンズメンバー全員とオーナー企業博報堂も含めてです。

去年の最終戦で、目無しのサクラナイツ沢崎プロが徹底した脇役で勝負の邪魔をしなかった打ち方は称賛されましたよね。熱闘!Mリーグでも話題にあがったと記憶してます。

今季のセガサミーフェニックスの近藤プロも、レギュラーシーズン最終戦で目無しの辛い役回りをしっかりこなしてましたよ。

近藤プロに至っては、娘のような歳の女性陣に辛い役目をさせたくないと自ら買ってでたんじゃないかと思うんです。

見てる側もその辛さは判りますからカッコイイと思うわけです。

敗者が最後に為すべきことを全うする姿に感動する、それが私の求める敗者の美学です。

ですが、これもお前の勝手な思いであり、戦うことも美学だといわれそうですね。

でも、去年の沢崎プロがほとんど称賛され、村上プロが賛否両論ですから、大勢は私の考えに近いと思うんですけど・・・

内川サバサバ、多井号泣?

以外に感じたのは、打ち手は最終戦の打ち方に人それぞれでいいと思っていること。

内川プロ・多井プロともに村上プロの立ち回りに理解を示してるんですね。

ラス目がしゃしゃり出るなと思ってないんですね、偉いですね。

日向藍子プロがYouTubeでアベマズの控室の様子を話してました。

多井プロは戻るなり泣き崩れ、「みんな、すまん」と謝ったそうです。

白鳥プロ・松本プロは、4連闘させる結果にさせた自分たちの不甲斐なさを詫びたそうです。

その気持ちも踏まえていたからこそ勝ちたかったんでしょうね。

聞いててもらい泣きしそうでしたよ。

その多井プロが村上プロを擁護するように、来期の最終戦は稼いだポイントの幾分かを次シーズンに持ち越したらどうか?と提案してました。

最終戦の目無しでも打つ価値を与えることでオリなくてもいい体制にするのはどうか?というものらしいです。

チームの命運を一人で担って、尚且つ村上プロを擁護するような提案が出来るんですから、まさにスーパースターですな。

それがイイんじゃね・・・

黒木プロが今回の件でコラムを出してまして、

滝沢プロが過去に提案した、最終戦は順位で席順を決めるという案が秀逸だという話。

要は、最終戦の席順は、

東家:2位

南家:3位

西家:4位

北家:1位

これだと4位のチームは南3局の親落ちまでめいっぱい打てるというもの。

2位・3位は親落ちしても意味があるのであれば(着順をめぐって)全力で打っていい。

すごいいいアイデアだと思うんですけど、連盟はこれを採用してるみたいですね、違ってたらごめんなさい。

借金返してから優勝しろ・・・

それより私の考えは、3年連続4位通過が優勝したことに異議があります。

セミファイナル・ファイナルに進出するたび持ち点が半分になるシステム。

私は、マイナスポイントのチームは半分にしないほうがいいのではと思ってます。

マイナスポイントの半減はポイント加算ですからね。

プロ雀士たるもの、自分達の借金を自ら返済して優勝争いに参加しろと言いたい。

プラスポイントは盛り上げる意味で半減してもいいかなと思います。

これだと今回勝又無双を繰り広げた風林火山は、もうひと踏ん張り必要だったと思いませんか?

3年目にして最高の盛り上げをみせたMリーグの最終戦で、ガッカリ感な結果に運営側も危機感を感じたと思います。

なんとか納得のいくレギュレーションで来シーズンを迎えてほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です